均整の太陽面通過?ではなく2012年6月6日は金星の太陽面通過 図 | 芸能速報!トレンドニュースのパパラッチ

均整の太陽面通過?ではなく2012年6月6日は金星の太陽面通過 図

2012年6月6日は「均整の太陽面通過」ではなく「金星の太陽面通過」が観測できる日です。YahooやGoogleなどで検索する際に変換ミスをしてしまう方も多いようなので注意してくださいね!

さて、昨日6月4日は天体ショー第2弾とも言える「部分月食」が観測できるということでツイッターなどでも話題になっていましたが、みなさんは無事に部分月食を見ることが出来ましたか?

ボクの住んでいる地域では残念ながら雲が掛かっていて見えなかった(ボクだけ?)のですが、Youtubeなどで動画があがっているので興味がある方はチェックしてみてください。⇒Youtube 部分月食

明日の金星の太陽面通過はどんな風に見えるんでしょうか。

金星は太陽の表面を東から西へ動いていく小さな黒い円盤のように見えるそうで、イメージとしてはE.Tの映画上で月を横切っていく感じか?

観測では金星が太陽面を通過しても小さな丸にしかみえませんが、金星の直径は月の約4倍の大きさです。金星が月や太陽に比べてこんなにも小さく見えるのは、地球からの金星までの距離が約4,100万kmもあるのに対し、月は地球から約38万kmと100倍以上もの差がある為です。

どれくらい小さいのかは明日の金星の太陽面通過を実際に見て確かめることをオススメしますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 芸能速報!トレンドニュースのパパラッチ

この記事へのコメント

芸能速報!トレンドニュースのパパラッチ TOP » 天気/異常気象/自然災害 » 均整の太陽面通過?ではなく2012年6月6日は金星の太陽面通過 図