小説/マンガ | 芸能速報!トレンドニュースのパパラッチ

なでしこジャパン 川澄奈穂美 週刊少年サンデーで漫画化し連載 評判 批判

INAC神戸レオネッサに所属し、女子サッカー日本代表のなでしこジャパンでも活躍する川澄奈穂美(かわすみなほみ)さん。

そんな川澄奈穂美さんの半生をマンガ化したものが週刊少年サンデーで「なでしこのキセキ 川澄奈穂美物語」として連載。第1話では、2011年のサッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会準決勝のスウェーデン戦で決勝進出を引き寄せた川澄選手の2ゴールについて振り返り、さらにサッカー選手としての原点となった小学校時代のエピソードを描かれています。

これに関してなでしこジャパンのファンからは評判は悪く、批判コメントも多くあげられています。

→『なでしこジャパン 川澄奈穂美 週刊少年サンデーで漫画化し連載 評判 批判』の詳細ページへ

「編集王」でお馴染みの土田世紀(つちだせいき)が肝硬変で死去 肝硬変になる原因とは?

編集王」や「俺節」などの代表作で有名な土田世紀(つちだせいき)さんが、4月24日に肝硬変でなくなられました。土田世紀(つちだせいき)さんが亡くなった原因の肝硬変。その肝硬変になる原因としてどのようなことがあるのでしょうか? →『「編集王」でお馴染みの土田世紀(つちだせいき)が肝硬変で死去 肝硬変になる原因とは?』の詳細ページへ

土田世紀(つちだせいき)が肝硬変で死去 肝硬変の症状とは?

4月24日、ヤングサンデーにて連載された「同じ月を見ている」などの代表作で知られる土田世紀(つちだせいき)さんが肝硬変でお亡くなりになりました。肝硬変とは一体どんな症状が起きるのでしょうか? →『土田世紀(つちだせいき)が肝硬変で死去 肝硬変の症状とは?』の詳細ページへ

荒川弘「銀の匙」がマンガ大賞2012 2位「大東京トイボックス」3位「信長協奏曲」

本日3月23日、マンガ大賞2012の結果が発表された。大賞に輝いたのは、週刊少年サンデーにて
連載中の荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」。

授賞式は例年どおり、ニッポン放送イマジンスタジオにて開催された。続く2位には、
うめ「大東京トイボックス」、3位には石井あゆみ「信長協奏曲」が選出。

「マンガ大賞」の選考方法は2段階。「2011年1月1日から12月31日の間に単行本が発売された
作品のうち、最大巻数が8巻までのマンガ作品」を対象に1次選考が行われ、最終選考作品を
ノミネート。選考委員全員がそのノミネート作品すべてを読んだ上で1位から3位までを選定し、
ポイント制での集計を経てトップに輝いた作品を「マンガ大賞」として決定した。

マンガ大賞は「友達にすすめたくなるマンガ」の選出をコンセプトに、2008年に創設。
これまでには石塚真一「岳みんなの山」にはじまり、2009年に末次由紀「ちはやふる」、
2010年にヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」、2011年に羽海野チカ「3月のライオン」が
大賞に選ばれている。

マンガ大賞2012最終結果

76pt 荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」
61pt うめ「大東京トイボックス」
57pt 石井あゆみ「信長協奏曲」
49pt 雲田はるこ「昭和元禄落語心中」
46pt 市川春子「25時のバカンス 市川春子作品集II」
43pt 平野耕太「ドリフターズ」
41pt 森高夕次/アダチケイジ「グラゼニ」
40pt 花沢健吾「アイアムアヒーロー」
37pt 石黒正数「外天楼」
37pt 柳原望「高杉さん家のおべんとう」
32pt 榎屋克優「日々ロック」
28pt 押見修造「惡の華」
27pt 新川直司「四月は君の嘘」
24pt 江口夏実「鬼灯の冷徹」
12pt 森繁拓真「となりの関くん」
※集計方法は投票された1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptと換算。 →『荒川弘「銀の匙」がマンガ大賞2012 2位「大東京トイボックス」3位「信長協奏曲」』の詳細ページへ

芸能速報!トレンドニュースのパパラッチ TOP » 小説/マンガ