金星の太陽面通過 | 芸能速報!トレンドニュースのパパラッチ

札幌 仙台 京都 那覇 それぞれの地域の金星の太陽面通過 観測可能時間と天気

5月21日の金環日食、6月4日の部分月食と続き、天体ショー最後となるのは今日2012年6月6日の朝から観測ができるようになる「金星の太陽面通過」。

天気の問題もありますが、晴れていれば全国から観測できるため朝の通勤、通学時間は日食グラスをつけて空を見上げている会社員や学生の姿が多く見られるかもしれませんね。

金星の太陽面通過は太陽の縁を金星が通る「外蝕」と、金星が太陽の内側を通る「内蝕」があるので観測する予定の人は観測できる時間と天気を把握して逃さないようにしましょう。

→『札幌 仙台 京都 那覇 それぞれの地域の金星の太陽面通過 観測可能時間と天気』の詳細ページへ

福岡で金星の太陽面通過を観測する方法と観測可能時間

6月6日に日付が変わり、ついに今日の朝から金星の太陽面通過を観測できるようになります。6時間半以上の長い時間をかけてゆっくりと太陽面を通過していくのでさすがにずっと見ているという強者はいないと思いますがせめて、金星が太陽面に入る瞬間と太陽面から出る瞬間はおさえておきたいですよね。

実際ほとんどの地域で金星の太陽面通過は観測できるのですが、地域によって多少の観測可能時間は変わってきます。

今回は福岡での具体的な観測可能時間をお教えしたいと思います。

→『福岡で金星の太陽面通過を観測する方法と観測可能時間』の詳細ページへ

肉眼はダメ!望遠鏡とカメラを使った金星の太陽面通過の観測・撮影方法

いよいよ金星の太陽面通過(日面通過)が2012年6月6日に観測できるわけですが、この金星の太陽面通過は、地球と金星までの距離が焼く4100万kmも離れていることもあって金星は非常に小さいんです。

なので、中には望遠鏡を使って金星の太陽面通過を観察しようと思っている方も多いのではないでしょうか。また、記念にデジカメなどを使って撮影しようと思っている方もいるはず。

しかし、そのまま望遠鏡やカメラのレンズを覗き込むのは裸眼で金星の太陽面通過を観測するよりも危険なんです。

今回は望遠鏡やカメラを使って金星の太陽面通過を正しく観測する方法を紹介します。

→『肉眼はダメ!望遠鏡とカメラを使った金星の太陽面通過の観測・撮影方法』の詳細ページへ

2012年6月6日の金星の太陽面通過(日面通過) 東京の天気と時間

2012年6月6日といえばAKB48選抜総選挙!もあるのですが、その前に金星の太陽面通過(日面通過)という天体ショーがありますよね。

やはり自然の神秘というのはすごいもので6月6日の金星の太陽面通過を見逃すと次に金星の日面通過が観測できるのは115年後の2117年の12月になるそう。

今日生まれた赤ちゃんだって115年後に生きているかどうかわからないのですから、この記事を読んでくださってる方は次に見られる可能性は相当低いわけです。

なので、自分が住んでいる地域の天気予報と観測できる時間を確認し、見逃さないように準備しましょう。

ということでこの記事では東京の天気と観測できる時間に焦点を当てて書いていきたいと思います。

→『2012年6月6日の金星の太陽面通過(日面通過) 東京の天気と時間』の詳細ページへ

均整の太陽面通過?ではなく2012年6月6日は金星の太陽面通過 図

2012年6月6日は「均整の太陽面通過」ではなく「金星の太陽面通過」が観測できる日です。YahooやGoogleなどで検索する際に変換ミスをしてしまう方も多いようなので注意してくださいね!

さて、昨日6月4日は天体ショー第2弾とも言える「部分月食」が観測できるということでツイッターなどでも話題になっていましたが、みなさんは無事に部分月食を見ることが出来ましたか?

ボクの住んでいる地域では残念ながら雲が掛かっていて見えなかった(ボクだけ?)のですが、Youtubeなどで動画があがっているので興味がある方はチェックしてみてください。⇒Youtube 部分月食

明日の金星の太陽面通過はどんな風に見えるんでしょうか。

→『均整の太陽面通過?ではなく2012年6月6日は金星の太陽面通過 図』の詳細ページへ

芸能速報!トレンドニュースのパパラッチ TOP » 金星の太陽面通過